夜行バスを利用しよう。

夜行バスといえば狭いシート、効きすぎている冷房・暖房、汚い車内うるさいいびきで全く眠れないもし事故でも起きたりでもしたら・・・ というイメージを持った人もいるでしょう。
しかし最近の夜行バスは皆さんが持つイメージとは、180度違い安い・快適な一夜を送ることが出来るようになりました。プライバシーがきちんと保たれ、もちろん安全第一というように進化してきました。
さて初めて夜行バスを利用する人に向けて快適に過ごすためのコツを今から書いていきます。まず、旅行のプランが決まったら早速座席の予約に移りましょう。最近ではインターネットで座席の予約ができます。次に乗車するうえで必要なことはブランケットは持参する方がいいでしょう。またバスに持ち込む荷物は着替えなどが入ったカバンと常備薬などが入った小さめのカバンに分けるのがいいでしょう。またアイマスクも持参した方が良いです。なぜなら、車内の照明が消えても、高速道路を走るので街灯などがとてもまぶしく感じられるからです。暖房が効いている場合には空気が乾燥しがちなので水を多めに持参するのがオススメです。
最後に何よりも周りの人のことを考えましょう。夜中にうるさくしゃべらないなどマナーは厳守しましょう。
皆さんの良い旅を願っています。

夜行バスの予約にお勧めなのがバス会社各社の横断検索サイトです。
高速バス予約サイトのバスサガス

 

夜行バスの旅はいかに。

夜行バスは新幹線や飛行機に比べて、ただ格安なだけじゃなく昔よりもバスの種類も増え2列、3列、4列シートタイプがあり、シート自体の幅も広く、前後の間隔を広くしているので乗り心地も寝やすさも快適になりました。女性の一人での利用も抵抗なくできるように、女性専用のバスや、普通のバスでも隣の席は同性同士になるように配慮してくれます。他にも少人数の高級感がある個室タイプのバスもあります。それはシート自体をカーテンで仕切って個室を作り上げひとりの時間を、ゆったり満喫できるように、テレビやDVD、ゲームができるモニター付きで、コンセントや無線ランがあるのでパソコンやスマートフォンも快適に使えます。足置きもあるので足を伸ばしリラックスでき、アメニティーも充実していて、スリッパやブランケット、耳栓、アイマスクを貸してくれるので周りの明かりや音も気になりません。なので疲れも取れ次の日の観光なども楽しめます。
夜行バスにはパックがあり学生さんなど人気なプランは東京ディズニーリゾートやユニバーサル・スタジオ・ジャパンのパックは宿泊代もかからないしフリーパス付きで、パークに着くので乗り換えもなく、チケットを買うために並ばなくて済むので時間のロスがなく朝から夜のパレードまで楽しんで帰れます。
このように夜行バスを使うと交通費や宿泊代が浮いたお金で、買い物や、お土産代や食事代に使えて本当にお得で快適な旅ができます。